デイビッドセインの英語教材i-smile(アイスマイル)の全貌公開!

i-smile(アイスマイル)が気になっている人はぜひ読んでください!

上達する理由を詳しく解説し、その効果が本物かどうか検証をしています!

i-smile(アイスマイル)はデイビッドセイン先生が講師を務めている教材です。有名な先生による授業で「こんな私でも英語が上達した!」という声が増えてきていて、英語を学びたいと考えている人の中でも口コミが広がっています。

この記事ではデイビッドセイン先生について詳しくご紹介しながら、i-smile(アイスマイル)で上達する真相に迫っています。また教材の効果が本物なのか独自に調査し、その結果も紹介しているので、i-smile(アイスマイル)を知る参考としてください。

デイビッドセイン先生について

デイビッドセイン先生について

デイビッドセイン先生は、英会話講師の中でも特に名前が知られている方です。ただ実のところ、「どんな先生なのか」「何をしている先生なのか」知らない方も多いのではないでしょうか。先生の功績をご紹介すれば、i-smile(アイスマイル)が信頼できる英語教材だとわかると思います。i-smile(アイスマイル)に対して疑問を持っている人は特に参考にしてくださいね!

どんな人なの?

1959年にアメリカで生まれたデイビッドセイン先生は、カリフォルニアアズサ・パシフィック大学(Azusa Pacific University)大学院を1999年に卒業、社会学修士号を取得しました。1984年2月から1986年9月までアメリカでフリーランスの翻訳家・通訳として働いた後、1986年10月から1990年6月までフィデリティ証券会社に従事します。

その後、来日し再びフリーランスの翻訳家・通訳として1990年10月から1998年10月まで活動。このあいだに、ISS通訳研修センターの通訳講師も1992年4月から1996年10月までの約4年間担当しました。1994年4月からはバベル翻訳外語学院の翻訳講師となり、1998年11月からはAtoZ Education株式会社の取締役にもなっています。

AtoZ Education株式会社とは?

先生が取締役を務めるAtoZ Education株式会社は、英語を中心としたテーマの出版物の企画や編集を手がける会社です。提供している主なサービスは、企画や編集以外だとビジネスや文芸書の翻訳、教育CDやオーディオブックの録音など。国際版権部門では日本の書籍を海外で、海外の書籍を日本で販売するときのサポートなどをしています。

ほかに日本語堪能なネイティブ講師が所属し、自由にカスタマイズできるレッスンプランが魅力のAtoZ英語学校も運営。日常会話やビジネス英語、資格試験(TOEIC、TOEFL、英検)などさまざまなニーズやレベルに対応した授業を行っています。ちなみに学校は東京・文京区にある根津校と春日校の2校です。

出版本多数

出版本多数

デイビッドセイン先生の功績で忘れてはならないのが、数多くの著作を出していることです。その数は共著や翻訳本を含めると、なんと300冊以上で累計発行部数は400万部超え。最近出版された本をいくつかあげておきますね。

・ちょい足しで丁寧に! 英語のクッションことば(ジャパンタイムズ)

・いつでもどこでも聞き流すだけ英語サンドイッチメソッド 英語で日本を紹介できますか?(アスコム)

・間違えやすい英文法使い分けドリル(DHC)

・New! CDつき 基礎英語ができない大人の英会話(主婦の友社)

・英語ライティングルールブック第3版(DHC)

先生は書店に行って英語の本のコーナーを覗けばすぐに見つかるほど、多数の本を世に送り出しています。英語を勉強しようと思った人なら、一度は先生の本を手に取ったことがあるでしょう。

多方面で活躍

多方面で活躍

デイビッドセイン先生は学校の運営や著作の刊行以外にも、NHKの日本語学習番組でレギュラー出演、日経新聞や朝日新聞、毎日新聞などでコラムを連載、英語教育推進事業団の学術顧問を担当と活動は多岐にわたります。また、受験生向けの英語学習サイトや日本文化を英語で紹介する英語学習サイトの監修もされているとのことです。

英語教育のスペシャリスト

英語教育のスペシャリスト

輝かしい経歴と多くの実績を持つ先生は、長く日本人の英語教育に携わってきました。どう教えれば日本人は効率よく英語を学ぶことができるのか、という技術に長けている方とも言えます。i-smile(アイスマイル)はそんな先生のノウハウが詰まっている英語教材。「あんなにいいこと言っていたのに、いざ始めたら身につかない!」ということはないので安心してくださいね!

i-smile(アイスマイル)はほかにはない英語教材

i-smile(アイスマイル)はほかにはない英語教材

i-smile(アイスマイル)は、英語教育で右に出るものはいないと言えるデイビッドセイン先生が筆頭講師を務める英語教材です。「ほかにはない英語教材」と言われていて、実際数多くの人がi-smile(アイスマイル)の授業スタイルに対して驚きの声を挙げています。具体的にどんな英語教材なのか、ここで詳細を明らかにしてきましょう!

ドラマによるレクチャー

ドラマによるレクチャー

i-smile(アイスマイル)はネイティブとスムーズに話せる英語の技術を、ドラマを使ってレクチャーしてくれます。と言っても複雑なことをするのではなく放送されるドラマをただ視聴するだけ。それによってぐんぐん英会話スキルが上がっていくように作られているんです。

プロの手で作られた本格品質

プロの手で作られた本格品質

i-smile(アイスマイル)のメインはドラマなので制作にも強いこだわりが感じられます。その理由のひとつが、ドラマの脚本や撮影、編集などを民放でドラマの制作を行っている業者と協力しながら作っていること。これによって納得のいかない話の展開や違和感を覚えるカメラワークなどがなく、私たちが普段見ているドラマと同じような感覚で視聴することができます。

ふたつ目の理由が、演技をしている役者が全員現場で経験を積んだ人であるということ。出演者の演技力を追求することで、不自然な演技に気を取られずドラマに集中できるのもi-smile(アイスマイル)のドラマの特徴です。

見ているだけでも楽しい

見ているだけでも楽しい

と書きましたが、i-smile(アイスマイル)のドラマの魅力は英語の勉強に集中しやすいところではないと思っています。実際に見始めるとわかるんですが、視聴しているだけでも楽しいんですね。これからどんな展開になるんだろう、次はどんな内容なんだろうと好奇心を掻き立ててくれるのが、i-smile(アイスマイル)のドラマの本当の魅力かなと思います。

会話の雰囲気がわかる

会話の雰囲気がわかる

またそれに加えて、本格的な英語のやり取りなので“英会話の雰囲気”がわかるのも視聴するときのメリットですね。「なるほど、このタイミングで相槌を打ってから自分の話を始めるんだな」と言った会話独特の流れが自然に掴めるんです。あと英会話の早さを肌で感じられて、会話のイメージづくりがしやすいのもポイントとしてあげられます。ドラマを見ていると、まるで海外旅行をしている気分になれるのがi-smile(アイスマイル)のいいところですね!

i-smile(アイスマイル)には工夫がたくさん!

i-smile(アイスマイル)には工夫がたくさん!

i-smile(アイスマイル)はドラマを視聴するだけというレッスン方式ですが、もちろんそれを実現するためにたくさんの工夫がされています。たくさんの工夫があるからこそ、i-smile(アイスマイル)を高く評価している口コミも集まっているんです。ここで全貌を知って、「だからi-smile(アイスマイル)に注目が集まるんだ!」と納得してもらえたら嬉しいですよ。

英会話学習用に特化

英会話学習用に特化

i-smile(アイスマイル)にされている工夫で、真っ先にあげられるのが英会話学習用に特化して作られていることですね。「英会話上達のための教材なんだから当たり前では?」と言われそうですが、“英会話学習を前提に作られたドラマ”を見れるのが、i-smile(アイスマイル)ならではの特徴なんです。

使えるフレーズのみを収録

ここで言う英会話学習用とは、場面問わず使える英会話を学ぶための教材を意味しています。せっかく習った英語が、親しくなった友だちには使えるけど初対面の人にはフランク過ぎて使えない、というのは語学教材としてはあまり意味がありませんよね。

i-smile(アイスマイル)のドラマはどんな相手にも、また異なるシーンでも使える英語を身につけさせるために、マルチに使えるフレーズのみを収録しています。言い換えれば、最も会話で使いやすい英語を最短で教えてくれる教材なんです。

海外ドラマで学ぼうとしたら失敗

実はこれ、i-smile(アイスマイル)を始めてから知ったことなんですね。というのもレッスンを受け始めた頃に、ドラマで英会話が覚えられるならレンタルショップにある海外ドラマで代用できないかなと思ったんです。ただ意気揚々と借りてきたはいいものの、i-smile(アイスマイル)とは違ってまったく英語を身につけられなかったんですよ。それでなぜかと思って調べたらi-smile(アイスマイル)のドラマは、語学レッスン用に構成されていることがわかったということです。

あと海外のドラマって意外と間違った英語表現が使われているんですね。俗っぽい言葉も結構あります。i-smile(アイスマイル)で英語力が身についてきて、ある程度字幕なしで海外ドラマが見れるようになったときに、これじゃあ普段の生活で話せるようになるまで時間がかかるな、とも思いました。

MITの理論を応用した字幕

MITの理論を応用した字幕

i-smile(アイスマイル)はもうひとつ、レンタルショップで借りられるようなドラマとは違う点があります。それはMITが提唱している理論に基づいて開発された、スマート字幕が使われているところです。

MITって?

MITとは、1865年に開学したアメリカ・マサチューセッツ州にあるマサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)のこと。2012年から2018年までハーバード大学やケンブリッジ大学をおさえて世界大学ランキングで1位を獲得、ノーベル賞受賞者を81名輩出しているエリート大学です。

スマート字幕

スマート字幕はそのMITの理論を応用した字幕で、優れた勉強効果があるとされています。具体的にはこの字幕を使って勉強したときに得られる効果は、テキストで学習したときの約2倍。そのため、ドラマを見るだけで使われている英語の発音や表現が身につきやすくなっています。

発音練習でネイティブレベルに

発音練習でネイティブレベルに

「使えるフレーズ」「スマート字幕」を見ながら学ぶことで、スピーディーに英語の基礎が定着するのがi-smile(アイスマイル)の魅力。しかしそれのみでは実際の会話で流暢に英語を話すことはできません。教科書に書かれていることを暗記し、テストでいい点が取れても英語が話せないのと同じです。i-smile(アイスマイル)では、確実にネイティブと会話ができるように、発音練習の時間もレッスンで用意しています。

言葉は口に出して初めて覚える

そもそも新しい言葉は、口から出して初めて記憶に定着し、使いこなせるようになるものです。「憂鬱」という漢字が書けないのも実際に何度も書いていないから、「青天の霹靂」ということわざを使いこなせないのは普段の会話でめったに使っていないため。これと同じで英語も、実際に発音練習を重ねなければ話すことはできません。

伝わる英語が身につく

i-smile(アイスマイル)で繰り返し発音練習をすることは、相手に伝わる発音を身につけることにもつながります。それができないと「文法や単語は合っているはずなのに、ネイティブが理解してくれない」事態となってしまうんですね。自ずと正しい発音ができるように欠かせないのが発音練習であり、i-smile(アイスマイル)はその点にも注力してレッスンが構成されています。

1レッスン約30分

1レッスン約30分

i-smile(アイスマイル)のドラマは1回の放送が約15分。その後の発音練習も同じくらいの時間ですので、1レッスンあたりの時間は約30分となっています。実はこのレッスンの短さにも、i-smile(アイスマイル)で英語が上達する秘密が隠されています。

学習効果は集中力で決まる

人間の集中力が持続する時間には限界があることはよく知られていますね。実は集中力には一定のリズムがあり、「15分周期」と言われているんです。人は15分刻みに違うことをすると、同じことを連続して30分するよりも集中して取り組めるんですよ。

ある会社では社内会議の時間を15分で区切り、前半の時間を伝達事項、後半の時間を改善策の提案や質疑応答の時間にする30分会議を始めたとか。それによって会議全体にスピード感が生まれ、ダラダラと1時間やっているよりも会議の質が上がったそうです。

i-smile(アイスマイル)もまさにこれと同じで、ドラマによるインプットレッスン15分、その後発音するアウトプットレッスン15分とすることでトレーニングに集中しやすい環境になっているんです。

手軽にレッスンスタート

1レッスンあたり約30分という時間は、英会話教室が大体約1時間超と考えると短いですよね。もっと言えば、英会話教室のように出かける準備の時間や移動の時間が必要ないので、英会話レッスンに費やす時間は英会話教室に比べて約1/3程度で済みます。

英会話に費やす時間が短いと残業して遅くなった平日でも丸一日予定が入った休日でも、「今日もちゃんとやろう」という気持ちにさせてくれます。英語は毎日少しでもいいので継続することが上達の近道。忙しい現代人でもスキルアップできるのがi-smile(アイスマイル)ならではの魅力です。

i-smile(アイスマイル)の効果を難易度別に検証

i-smile(アイスマイル)の効果を難易度別に検証

i-smile(アイスマイル)には、ドラマの視聴するだけというオリジナルの勉強方式の中に多くの工夫が盛り込まれています。それによってさまざまな人が「自分の英語力が上がった!」と実感していて、だからこそ話題になっているんですね。

しかし実際にどんな効果が現れ、何ができるのかは気になるところでしょう…。そこでここでは「これをするためには相応の英語レベルが必要」という基準で難易度別に分けたシチュエーションで、i-smile(アイスマイル)の効果の真実を検証した結果をご紹介します!

Level01「英語アナウンスを聞き取る」

Level01「英語アナウンスを聞き取る」

最初の検証は、i-smile(アイスマイル)の勉強で英語アナウンスが聞き取れるかどうかです。英語アナウンスとは電車内や公共施設などで流れる英語の案内を指しています。これをLevel01に設定したのは、聞き取りやすい英語が使われているからです。

結果としては問題なく聞き取れました。日本語の意味を知らなくても、はっきり何を案内してくれているのかわかります。i-smile(アイスマイル)のレッスンを受ければ、丁寧な発音の英語を聞き取るリスニング力が身につきます。

Level02「海外ドラマを字幕なしで視聴」

Level02「海外ドラマを字幕なしで視聴」

次の検証は海外ドラマを字幕なしで視聴できるかどうかです。英語アナウンスに比べると、役者の癖などがあるため難易度は少し高くなります。

結果はこちらもまったく問題なし。最後まで内容が理解でき、楽しむことができました。i-smile(アイスマイル)のドラマで会話の流れを掴めた、継続して受けることで知っているフレーズを増やせたからでしょう。また会話の場合、相手の姿が見えたり流れがあったりする分、多少わからなくてもなんとかなってしまう部分もあります。もちろんi-smile(アイスマイル)のレッスンをこなしていけば、そうした細かいニュアンスも汲み取れるようになるので問題ありませんよ。

Level03「ネイティブに自分の意見を伝える」

Level03「ネイティブに自分の意見を伝える」

Level02まではリスニング力の検証でした。次はスピーキング力の検証です。自分の意志を相手に届けなければいけないので、当然聞き取るだけよりも難易度は上がります。

i-smile(アイスマイル)による発音練習のおかげでしょう。ネイティブの友人に聞いてもらいましたが、彼に伝わる発音で自分の意思を届けることに成功しました。

Level04「ネイティブと会話する」

Level04「ネイティブと会話する」

Level04の検証は会話をするができるかどうかです。相手の発言を一方的に聞いたり、こちらの意見を伝えるのはコミュニケーションではありません。言葉のキャッチボールをし、なおかつそのやり取りを楽しむのが本当の意味で英会話ができたと言えます。

結果は言うまでもないかもしれませんが、問題ありませんでしたね。今でもそのネイティブの友人とは英語で会話をしています。i-smile(アイスマイル)のレッスンで英語力が身につくのは間違いありません。

Level05「海外旅行に通訳なしで行く」

Level05「海外旅行に通訳なしで行く」

最後に一番難易度の高い検証をしました。それが今回私がi-smile(アイスマイル)の始めた目的でもある、通訳なしで海外旅行をすることです。見知らぬ人と、しかも現地で英会話ができるのか実験しました。…さらっと書きましたが、本当に緊張と不安でいっぱいでしたよ。

結果は大成功。洋服屋では店員さんと会話しながら気に入った洋服を買うことができ、飲食店ではおすすめの料理を注文して堪能できました。道を尋ねるときやホテルでのやり取りもスムーズ。満足な旅ができたのも、i-smile(アイスマイル)の英語レッスンで上達したおかげです。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)が採用している独自のレッスン方式と上達するために考えられたノウハウは、まさにデイビッドセイン先生の経験と功績があるからこそ。先生でなければ、さまざまな人の英語を上達させる英語教材にはならなかったかもしれません。

英語が苦手な人もほかの英語教材で上達できなかった人も、英語を話せるようになりたいと考えているのであれば、ぜひi-smile(アイスマイル)を検討してみてください!自分でも驚くくらいスキルアップできることは間違いないですからね!