i-smile(アイスマイル)挫折者から聞いた話が本当に貴重だったのでまとめてみた

i-smile(アイスマイル)挫折者から聞いた話が本当に貴重だったのでまとめてみた

英会話教材業界の黒船と言われるi-smile(アイスマイル)。口コミのほとんどが「英語が話せるようになった」という高評価ばかりです。しかし…中には挫折してしまった人も。そこで今回はi-smile(アイスマイル)に挫折した方の話を聞き、i-smile(アイスマイル)で成果を出すために気をつけることを検証します。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ

i-smile(アイスマイル)挫折者Aさんの話・前半

i-smile(アイスマイル)挫折者Aさんの話・前半

Aさんは働き盛りな20代後半の男性。これまで英会話スクールや独学するもどれも続かず…藁にもすがる思いでi-smile(アイスマイル)に申し込んだそうです。「もうこれで英会話の勉強は最後にしたい」と思っていたそうですが、Aさんに何があったのでしょうか。まずはi-smile(アイスマイル)を始めたきっかけ、それからi-smile(アイスマイル)を挫折してしまった経緯についてご紹介します。

Q1.i-smile(アイスマイル)を始めたときはどうでしたか?

目から鱗が落ちましたよ!僕は無料講座から始めたんですが「これなら絶対に話せるようになる」って確信しました。今まで色々な英会話教材を試しましたが、こんなに教材が作り込まれているのは初めてでした。英会話の勉強は面倒だっていうイメージが覆されましたね。

特にアプリゲームがお気に入りで、英会話はアウトプットだという発見もありました。「この教材は本物だ」って思いましたよ。実際、i-smile(アイスマイル)を始めて2週間くらいで、英会話が上達したのも実感できたんです。今まで英語を勉強してきた基礎もあったから、上達の実感が早かったのかもしれません。

Q2.i-smile(アイスマイル)に挫折したきっかけってありますか?

正直これと言ってありません(笑)。ただ、思うのは成果が出始めた頃に気のゆるみがあったんだと思います。こんなに話せるんだから一日くらい空いてもすぐに取り返せるだろうって。僕は寝る前にi-smile(アイスマイル)をするのが日課だったんですが、飲み会や残業が続くタイミングがあって…「成果も出てるし、まだ大丈夫」ってi-smile(アイスマイル)をやらずじまいというのが何日かあったと記憶しています。きっとそれがダメでしたね。

Q3.成果が出たからこそ、挫折したということでしょうか?

まぁ…そうですね(笑)。自分の実力を過信していたのかもしれません。あとは動画やゲームが楽しくて、継続が大事というのを忘れたんだと思います。難しさを感じさせないのがi-smile(アイスマイル)の良いところですが、僕には逆効果でしたね。

あとはサポートセンターや、オンラインレッスンは受けていなかったんです。今思えばオンラインレッスンを受けて自分の苦手を把握しておけば、モチベーション維持ができたり「もっとやらなきゃ」って思えたのかもしれません。

i-smile(アイスマイル)挫折者Aさんの話・後半

i-smile(アイスマイル)挫折者Aさんの話・後半

前半では、Aさんがi-smile(アイスマイル)で挫折した経緯までをご紹介しました。ですが、Aさんは単に挫折しただけでなく、i-smile(アイスマイル)の特徴にも気づいていたようです。後半では、Aさんが見つけたi-smile(アイスマイル)を続けるポイントや、始める人のために語ってくれた熱いメッセージをお届けします!

Q4.i-smile(アイスマイル)を続けるポイントは何だと思いますか?

2つあると思います。まず一つ目は、i-smile(アイスマイル)から提供されているサービスは全部使うこと。オンラインレッスンを活用すればモチベーション維持に繋がるし、サポートセンターで仕事が忙しくても続けられるアドバイスを得られたはずです。動画とアウトプットゲームだけだと独学と何ら変わりはありませんからね。

あとはネイティブみたいな発音を目指したい人なら…ABCソングは絶対です!!「ABCDFEG♪」って、幼稚園生とかも歌ってあるアレを使って発音練習させてくれる教材もあります。

あとはi-smile(アイスマイル)は決まった時間にやること。特に朝の時間帯がいいでしょう。朝は一番集中力が高くてやる気があるし、僕みたいに寝る前にやろうとすると寝落ちとか疲れて「今日はもういっか」ってなりかねません。朝の通勤電車とかちょっと早起きして、会社の近くのカフェでi-smile(アイスマイル)をやるとかいいんじゃないでしょうか。もし、次にi-smile(アイスマイル)をやるとしたら、朝活します!

Q5.i-smile(アイスマイル)を始める人にメッセージはありますか?

i-smile(アイスマイル)は本当にすぐ結果が出ます。これまで英会話スクールとか英語の基礎がある人は2ヶ月待たずに効果が実感できるはずです。今までのは何だったって思うくらい、英会話ができる工夫が凝縮してるメソッドだと思います。だからこそ、僕みたいに甘えが出たりしやすいのも事実で…。英語を知っている人は特に陥りやすい落とし穴だと思います。気をつけてください(笑)。

英語が話せるようになるっていうのを目的にするんじゃなくて、2ヶ月何かに取り組むこと、達成することを目的にすると良いと思います。i-smile(アイスマイル)の隙間時間を見つけて勉強していくってやり方は、忙しい大人が何かを身につけるために最高の勉強法だと思います。英会話はもちろんですが、この勉強法を身につけることを意識して頑張れば2ヶ月はあっという間なはずです。まぁ…僕はそこまでできなかったんで、ぜひ最後まで続けてその良さを改めて僕に教えてもらえたら嬉しいです。

最後に

最後に

Aさん曰くi-smile(アイスマイル)を続けるポイントは「i-smile(アイスマイル)のサービス、特にオンラインレッスンとサポートセンター、ABCソングは積極的に利用すること」「決まった時間、特に朝の時間帯にi-smile(アイスマイル)を行うこと」が大事とのことです。i-smile(アイスマイル)で英会話上達に成功した話も参考になりますが、Aさんのようにi-smile(アイスマイル)に挫折してしまった人の話は深いというか心にぐっと刺さるものがありました。

i-smile(アイスマイル)をすでに始めた人、これから始めようとしている人はぜひとも参考にし、i-smile(アイスマイル)を最後の英会話学習にしてもらえたら嬉しいです。Aさん、貴重なお話ありがとうございました!

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ
カテゴリ「i-smile(アイスマイル)に向いていない人は?」の関連記事
「i-smile(アイスマイル)に向いていない人は?」の記事をもっと見る TOPページを見る