英語教材i-smile(アイスマイル)ワークショップの全貌を公開!

英語教材i-smile(アイスマイル)ワークショップの全貌を公開!

i-smile(アイスマイル)は、スマホひとつで英語が学べるeラーニングタイプの教材です。仕事や家事で忙しく、英会話教室に通えない人でも、スキマ時間を利用して勉強することができます。その手軽さの反面、大学で実証された理論に基づいたメソッドなどで、確実にネイティブと話せるレベルにまで到達できるのが魅力です。

しかしそうした手法だと、直接ネイティブと話すときはぶっつけ本番になるじゃないか、それだと自分は話せるか自信がない…と不安になる人も中にはいるでしょう。そんな人のために、i-smile(アイスマイル)ではワークショップを用意してくれています。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ

i-smile(アイスマイル)ワークショップの特徴

i-smile(アイスマイル)ワークショップの特徴

i-smile(アイスマイル)のワークショップは、毎月全国の主要都市で開催されているセミナーのこと。これに参加することで、i-smile(アイスマイル)に入会している他の生徒と一緒に、英会話のトレーニングできます。

また、i-smile(アイスマイル)の生みの親である、デイビッドセイン先生や小野あきこ先生が担当しているのも特徴のひとつ。普段のレッスンで困ったことや悩んでいることを相談しつつ、手厚い指導が受けられます。

加えてこのワークショップの参加料は、入会金に含まれています。つまり、実質無料で受けることができるのです。普段別のセミナーで予約が難しいほど、大変人気なふたりの先生がいらっしゃるのに、ということでかなりお得だということがわかっていただけるでしょう。

ワークショップ参加者の話

ワークショップ参加者の話

ワークショップは、i-smile(アイスマイル)の普段のレッスンでは補えない、直接相手と会話する機会を与えてくれます。そのため参加した人は、行ってよかったと高く評価していますね。ここで、参加者の声の一部をご紹介します。

英語に関する既成概念を壊してくれた

i-smile(アイスマイル)のワークショップに参加してきた者です。正直言って、これに行かないのはかなりもったいないと思います。なんて言ったって、あのデイビッドセイン先生が、直接指導にあたってくれるんですからね。

さすがはこれまで数多くの指導をされてきた人っていう感じで、ワークショップで話してくださった話はどれも面白かったです。私が持っていた英語の既成概念を壊してくれて、むしろ英語は簡単に手順で身につくものなんだと思わせてくれました。

勉強する仲間ができた

i-smile(アイスマイル)のワークショップに参加したら、思いの外、他にi-smile(アイスマイル)で勉強している人がいて驚きました。あまり自分の周りで、こういう英語教材で勉強している人を見たことがなかったので、ちょっと嬉しかったですね。たまたま隣にいた人と仲良くなれて、いろんな話をすることができました。

こういう他にも勉強しているっていうのがわかるのって、いいですよね。少しモチベーションが下がっていたときだったんですが、おかげで「この人も頑張っているんだ。私も頑張らなくちゃ」って思うことができました。私がi-smile(アイスマイル)をやり通すことができたのは、仲間と出会う機会を作ってくださったワークショップのおかげです。

自分に自信をつけさせてくれた

ワークショップは、直接指導を受けられるメリットがあるが、それ以上に自分から英語を話すといういいきっかけを与えてくれた。おかげで自信が身について、オンラインのレッスンでも、自分からどんどん発音するようになれた。英語は黙っていないで、とにかく話すこと。それを鍛えさせてくれるのが、このワークショップの一番のメリットじゃないだろうか。

ワークショップに参加できない人はどうしたらいい?

ワークショップに参加できない人はどうしたらいい?

i-smile(アイスマイル)のワークショップは、参加者の声を聞いてわかるように、参加すればさまざまなメリットが得られます。デイビッドセイン先生も、できれば参加してほしいと願っているようですね。

ですが、たまたま日程が合わなかったり、自宅から遠いなどで参加が難しい人もいるでしょう。i-smile(アイスマイル)では、そのような人のために、ふたつの対策を準備しています。

「セミナー録画視聴権」を使う

ひとつは「セミナー録画視聴権」を使うことです。開催されたワークショップの様子を録画した動画を、会員サイトを通して視聴できる権利ですね。これを利用することで、擬似的にワークショップに参加することができます。

直接指導は受けられないものの、貴重な授業の様子を見ることができ、さまざまな知識を身につけられます。また上記の口コミにあったような、「他にi-smile(アイスマイル)で勉強している人がいる」ことがわかるので、モチベーションアップというメリットは同じように受け取れるでしょう。

「オンラインワークショップ参加権」を使う

もうひとつは「オンラインワークショップ参加権」を使うことです。会員サイトを通して、ワークショップ形式の動画を視聴できる権利ですね。part1では、デイビッドセイン先生とトム先生が、日本とアメリカの文化の違いについて、クイズ形式で紹介してくれます。

これもまた同じく擬似的ではあるものの、英会話において大切な積極的に考える力をつけることができます。また意外と知らなかった英語の情報なども仕入れられるので、ますます英語の勉強が楽しくなったという人も少なくないようです。なので直接指導は叶いませんが、これはこれで大きなメリットを得られると言えるでしょう。

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)のワークショップは、普段のレッスンでは得られない貴重な体験をたくさんすることが可能です。また参加が難しい人でも、きちんと救済措置は用意されているので、そこまで気になさる必要はないでしょう。他の英語教材と見比べるときは、ワークショップや救済措置が無料で適用されているかを加味してみてください。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ
カテゴリ「i-smile(アイスマイル)の内容や詳細」の関連記事
「i-smile(アイスマイル)の内容や詳細」の記事をもっと見る TOPページを見る