i-smile(アイスマイル)のデメリットを解消する裏ワザ公開!

i-smile(アイスマイル)のデメリットを解消する裏ワザ公開!

英語が苦手だった人でも「英語ペラペラになれる!」と評判のi-smile(アイスマイル)ですが、もちろんデメリットもあるんです。でも、裏ワザを使ってi-smile(アイスマイル)に取り組めば、まるで魔法にかかったように英会話が上達するかもしれません。

そこで今回はi-smile(アイスマイル)のデメリットとそれを解消する裏ワザを大公開!i-smile(アイスマイル)で本当に英語が喋れるようになるの?と気になる方は必見です!

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ

口コミで多かったi-smile(アイスマイル)のデメリット3つ

口コミで多かったi-smile(アイスマイル)のデメリット3つ

i-smile(アイスマイル)の口コミで多かった否定意見は「継続しなきゃ身につかない」「電話越しの授業はリアル感に欠ける」「英語学習には物足りない」の3つです。それぞれ詳しくご紹介していきます!

継続しなきゃ身につかない

i-smile(アイスマイル)は、2ヶ月間1日30分取り組むカリキュラムが組まれています。ただ口コミを見ていると、i-smile(アイスマイル)を始めるまで週末に英語学習の時間を取っていた人や継続が苦手な人が、苦戦している様子が伝わってきました。i-smile(アイスマイル)が習慣になるまでに、時間がかかる人が少なくないと言うことができます。

電話越しの授業はリアル感に欠ける

i-smile(アイスマイル)は、動画やLINEでの発音チェックなどスマートフォンを駆使して取り組む教材です。口コミの中には、ネイティブの先生とリアルでやりとりできない物足りなさを感じるという意見も多くありました。これまで英会話の勉強をしたことがある人は、特に感覚を覚えるようですね。

英語学習には物足りない

i-smile(アイスマイル)は英会話上達に特化した教材なので、試験対策に必要な文法や単語はカバーしきれていないという声もありました。受験や資格試験では英会話以外の要素も問われるので、i-smile(アイスマイル)が網羅する内容以外の学習も必要になります。なので、英語学習全体をi-smile(アイスマイル)だけでまかなうのは難しいかもしれません。

デメリットを解消するマル秘裏ワザ

デメリットを解消するマル秘裏ワザ

実は、私もi-smile(アイスマイル)を始めて同じようなデメリットを感じました。ですが、裏ワザを駆使してデメリットを克服できたんです!ちょっと工夫すれば簡単にできるものなので、自分には向かないかも?と感じたときは、ぜひ試してみてください。

自分の生活リズムを振り返る

三日坊主でi-smile(アイスマイル)を続ける自信がないなら、これを機に生活リズムを見直し、かつ“隙間時間”を探してみましょう。i-smile(アイスマイル)は最短15分で1日のレッスンが終わるので、隙間時間を見つけるのが継続の鍵です。

と言っても普通に生活している中で、空白の15分は案外あるんですね。寝る前のスマホタイムや通勤電車、お風呂の時間など…これを聞くと、確かに!と思えてきませんか?隙間時間を見つけるというのは、こんなふうに生活リズムを振り返り、この時間にi-smile(アイスマイル)をやる!とあらかじめ決めてしまうことです。これをすれば生活にメリハリが出るので、i-smile(アイスマイル)を始めたら生活リズムが整った!という人もいるんですよ。

オンラインレッスンの前に入念に準備する

オンラインレッスンはどこでもできるので、ネイティブスピーカーと会話する経験を沢山積むことができます。対面式のレッスンでリアルさを感じられたとしても、週7日のオンラインレッスンと週1日のリアルレッスンでは前者の方が圧倒的に上達は早いでしょう。加えて、オンラインレッスンもネイティブスピーカーと話す緊張感はあまり変わりません。

それでもオンラインレッスンによりリアルさを求めるなら、リアルで英会話するときに気をつけるべきことなど、先生に聞いておきたいことをまとめてからレッスンに臨むと良いでしょう。他にも工夫次第でリアルレッスンに近づけることができますから、試行錯誤してオンラインレッスンを受けてみてください。

24時間質問窓口を活用する

i-smile(アイスマイル)には24時間体制で質問に答えてくれる窓口があります。i-smile(アイスマイル)を試験対策に利用するなら、この質問窓口の使い方が鍵です。わからないことをわからないままにすると自然と英語に興味がなくなってしまいます。

なので、英語を勉強していてわからないことはi-smile(アイスマイル)の質問窓口ですぐに解決するという流れを作ることで、英語学習のモチベーションも維持できるでしょう。また英会話が上達するとリスニングも上達すると言われています。今まで勉強してきた英語を会話に活かす、という目的を持ってi-smile(アイスマイル)に取り組めば、想像以上の効果が期待できるはずですよ!

最後に

最後に

i-smile(アイスマイル)は英会話スクールや他の教材とは全く違うアプローチの元作られています。それ故にデメリットもありますが、そこをうまくカバーできればi-smile(アイスマイル)で自分史上で一番英会話ができるようになるでしょう。i-smile(アイスマイル)をうまく活用できていないなと感じたら、ぜひこの裏ワザを試してみてくださいね。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ
カテゴリ「i-smile(アイスマイル)に向いていない人は?」の関連記事
「i-smile(アイスマイル)に向いていない人は?」の記事をもっと見る TOPページを見る